子供の頃に想像してた大人の自分は
もっとこう。。。ブッ飛んでた!!
このままここを
一生の仕事場と決めてしまっていいのか?
なんの引っ掛かりもなく堂々と言えるのか?
「これが。。俺の一生の仕事です」って
―真壁ケンジ(宇宙兄弟)

 

 

大人になっていくにつれて、挑戦やわくわくする出来事は映画やアニメの中の出来事で

生活していく為の安定と安全を無意識に求めるようになっていって

仕事に満足できずに転職をしたとしても

自分にも出来そうかどうか
苦手な事じゃないかどうか
かける労力と給料を見比べて今よりはマシな仕事を選ぶ

 

いつの間にか、そうする事が自分の生き方だと勘違いしてしまう

だって周りもみんなそうやって生きているから

 

仕事以外のプライベートでちょっとした贅沢をたまにできれば幸せだと
自分より下の生活をしている人をみて納得させる

 

でも、本当は自分の可能性をかけて何かにチャレンジしてみたいし
出来るならもっとお金持ちになりたいし最高の仕事だと言える仕事をしたいと
みんな思ってると思います

 

僕は高校も中退して特別な知識も経験も技術も何もなかったので
ずっとそんな感じでした

最初は恐る恐る足元を確かめながら半歩ずつの挑戦でしたけど

 

今だから言える事は
生活をすべて投げ捨てて
崖から飛び降りるようなチャレンジをすればいいって事ではなく

今の生活を守りながらでも出来る「挑戦」はあるって事

 

何かに挑戦する事ってちょっと怖いけど

一歩踏み出して経験しちゃうと
自分の中の当たり前の基準がどんどん変わっていって
人生がものすごく楽しくエキサイティングになります

 

 

20代で月に数百万稼いじゃうような人間は
何か特別な才能がある人だけだと思っていたけど

そうじゃないんですよね

可能性に賭けて半歩ずつでも挑戦を始める勇気をだせるかどうかで
人生は大きく変わっていくと思います

 

 

人生の可能性を信じて一歩踏み出す勇気あるあなたの力になりたい!
自由な仕事で、人生を自由に楽しもう!
一緒に理想を現実にしませんか?(^^)

勇気と元気の出る名言を公式LINEで毎日配信中です
是非登録してね♪♪
【徳田渉 公式LINE】
↓↓↓↓
友だち追加
・もしくは、スマホでLINEを開いて「@sho-tokuda」をID検索(@マークをお忘れなく)